頭が良くなるツボないの?ゆるりの頭皮マッサージ

2020/03/19
本

今日はゆるりを始める前の出張鍼灸時代のブログを転載

いろんな意味で若さあふれています←自分にだけわかる

 


ここから

ドラえもん名言集をチラッと見てたら
「のび太の脳みそは進化が遅れているらしい」
「いっしょうけんめいのんびりしよう」
「日本中がきみのレベルに落ちたら、この世のおわりだぞ!」
面白いけど、笑ってばかりもいられないような。

だって近頃周りを見渡せば・・・簡単お手軽楽チン便利、のび太が食いつきそうなものばかり。
本・雑誌のタイトルは
「~~するだけダイエット」
「~~すれば~~できる!」
鍼灸治療にかかれば
「痩せるツボ押して~」
「頭が良くなるツボ無いの?」
疲れて無理して倒れそうでも
「薬効いてるから大丈夫」
「点滴すれば元気になるから」
よくある売り文句
「レモン1000個分のビタミンC」
「これ1本で1日分!」

そういう自分もコンビニで買い食いは大好きだし、缶詰やレトルト食品買い込んでる。鍼灸の古典文献が文庫本一冊にまとめてあれば、とか手をかざすだけで病気が治せれば、なんて。

怖いのは、わかっちゃいるけどやめられないこと。そうしていつの間にか簡単お手軽楽チン便利に慣れきってしまうこと。

肝に銘じておきたい「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

現代の暮らしは少し便利で快適「過ぎる」んじゃないか。カロリー過多と運動不足で体重が増加、階段を登れば息が上がり膝は痛む。歩いて3分のコンビニにも車で行く。
科学技術が発達した未来の地球人は、脚が退化し脳と指1本だけが残されていた・・・SFモノでよくある設定は、現実になるかもしれない。
何万何十万年かけて進化してきたヒトの身体に対して、産業革命は200年前。この急激な環境の変化に身体もさぞ戸惑っていることだろう・・・

スマホ・カーナビ・お掃除ロボ。ドラえもんがポケットから出したっておかしくない。のび太がヘマをするのは、ひみつ道具をいつでもどこでも何でもかんでも、やりたい放題使うから。
ホント気を付けないと危ない気がする・・・
 

おしまい


 

お読みいただきありがとうございます

とりあえずゆるりで頭のマッサージでもいかがでしょうか